スタンスが変わればトップへの入り方が変わる!

スタンスが変わればトップへの入り方も変わる!

 

 

スタンスとはバッターボックス内で両足の置き方を言います。
軸足となる後ろの右足を基準に左足の前足を置く位置によって
呼び方が変わってきます。

 

 

バッターボックスの枠の中ならどこに立ってもかまわないのですが!
キャッチャー寄りに立つ選手が多い、どの選手もボールを少しでも
長く見たいと言うバッター心理が働くためです。、

 

 

ストレートは速いので、少しですが見極める時間が長くなります。
変化球はキャッチャー寄りに立つほど変化が大きくなるため、
変化球主体の投手の時は前に立った方が変化する前に打てる。

 

 

投手が変われば、スタンスも変わる、トップへの入り方も変わる!

 

 

つまり、対戦する投手のクセや投球スタイルによって立ち位置を変えるべきである。
左右の立ち位置は自分のバッティングスタイルによって立ち位置を決めることが多い
インコースが苦手な人はベースから離れ、アウトコースが苦手な場合は近寄る。

 

 

踏み込んで打ちたい人も離れて立つ、つまり自分のバッティングスタイルと
対戦するピッチャーのクセや投球スタイルによって立ち位置を決めた方が良い。
初心者の方は、慣れるまではキャッチャー寄りの左右の真ん中に立地ましょう。

 

 

スクエアスタンス

 

後ろ足と前足が投手方向にまっすぐ一直線上に並ぶ
位置に置くスタンスです。

 

大きな欠点もなく、自然に構えることが出来るスタンスです。
特に初心者にはこのスタンスから始めてみるのが
ベストかと思います。

 

 

 

オープンスタンス

 

後ろ足に対して前足を開いた位置に置くのがオープンスタンスです。
このスタンスで構えるとカラダが投手方向に向きますので球筋が
しっかりと見えます.が、その分トップに入る動きが大きくなるで
振り遅れないように注意!

 

この様に大きく分けて二つのスタンスがありますが、
このスタンスを基準に、自分に合ったスタンスを見つけましょう。

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 日本野球の誕生日は? 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!