構えからスイングまでバッティングの基本的な流れ!

バッティングの基本!

バッターボックスでの構え方

 

 

構え方の姿勢や形は自分が一番、構えやすい姿勢、形で
構いませんが基本的には腰を入れて、お尻を後ろに軽く
突き出すイメージで構える。トップの位置を早めに決めて
おくことが大事です。

 

 

現代野球は、ピッチャーがいろんな変化球を投げしかも
スピードがあり、動くボールが多くなっているため大きく
ティクバックを摂っている時間がないのです。

 

 

テイクバックを摂る場合でも大く後ろに引くのではなく軽く
引く位にしないとミートポイントに間に合わなくなって
しまいます。

 

 

最初からトップの位置に構えてティクバック取らないでそのまま
うちに行くバッティングが多くなってきています。

 

 

プロの選手も、毎年テイクバック短くなったり、少しずつ
変化するようです、自分の体格の変化や相手投手の
球が速くなったり、と相手の変化に併せて変わっていくようです。

 

 

右腕の使い方

 

左脇は絞めて構える、右腕は脇を開いて構え(どんな変化球にも対応できるように)
スイングする時に開いている脇を絞めてスイングすることで、ミートの瞬間加速する。
左手の脇はミートの瞬間は左腕は、まっすぐ張るイメージで!

 

 

昔はのコーチは両脇を絞めて構えるように教えたそうですが、今は投手の
スピードも速く、尚且つ変化球が鋭く落ちたり左右に曲がったりと
ほとんどの球が動く時代なので右脇は開けて構え、変化に自在に
対応出来るようにするのが現代野球の主流です。

 

 

つまり、多彩に変化する球種に自在に動けるように、
右脇広く開けて構えた方が対応がしやすいと言うことです。

 

腰の使い方

 

下半身をしっかり固定して腰から上半身を回転することが大切です。
力強く回転するためには、後ろ足(右足)の股関節に体重を乗せる。

 

 

後ろの(右足側)腰から押されて回転する意識を持つことが大切です。

 

 

体重移動

 

ステップしてミートする瞬間までは重心は前足(左足)よりも後ろ足(右足)に残す。
ミートした瞬間重心が左に動き、すぐに体重を後ろ足に「戻す」イメージに
腰を回転させるとスイングスピードがアップする!

 

 

▼スイングはレベルスイング が基本!
レベルスイングはバットを横から出すイメージでスイングすると、飛距離が伸びる!
アッパースイングやダウンスイングにならないよう気を付けてください。

 

バッティングのスイングは3ツあります!

 


1、ダウンスイング バットを上から下へ振りぬくスイング
2、レベルスイング 水平に振りぬくスイング
3、アッパースイング 下から上にすくい上げるスイング

 

 

今は、レベルスイングが基本です。ひと昔前までは、ダウンスイングが
主流でしたが「バットを上からたたけ」と言うコーチがほとんどでした。

 

 

正しいスイング軌道は、ミートする前からフォロースルーまで水平に振りぬきます。

作戦によっても違ってきますが、例えば犠牲フライを打つ場合など、
エンドランの指示があった時など、また低めのボール、高めのボール打つ場合など
作戦や状況よってはダウンスイング、アッパースイングの時もありますが
基本はレベルスイングです。

 

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 最新記事 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!