自分の感覚に合ったバットを選ぶ!

自分に合うバットの選び方!

 

 

皆さんご存知のように「金属バット」と「木製バットがあり、
金属バットは少年野球や高校野球で使用が認められていますが
プロ野球、大学野球は木製バットが使用され金属バットは
使用禁止です。

 

なぜ大学野球、プロ野球で金属バット使用禁止なのか
木製バットの主原料である木(アオダモ)の減少が原因で、
高校野球や少年野球で金属バットの使用が認められるように
なりました。

 

プロ野球、大学野球で使用できないのは、金属バットは軽量化され当たると
飛距離が出過ぎ、打球が強すぎるため危険だからと言われています!
そもそも野球が誕生した時には金属バットなどはなく、木製バットで始まったため。

 


 

 

バット選びは、野球の基本である投手の球を打つためですが!
自分の身体に合ったバットを選ばないと打てません、
長すぎず、重すぎない、丁度良いバットはどうしたらたらみつかるのか?

 

バット選びの基本と、よりバッティングが上達するためには、
どの様な視点でバットを選べばよいのか基本的な基準をを紹介します。

 

自分に合うバットの長さを決める!?

 

バットの長さの決め方ですが、まずは自分の腕の付け根(脇の下)から
腕を下にまっすぐ下げ指先までをメジャーで計測します、
計測した数値に1.3を掛けると自分のバットの長さの基準となります。

 

例えば、腕の長さ56cm×1.3=72.8cmとなり73cm位の長さが
適切と言うことになります。少年野球の場合は身体が日々成長していますので
1ヶ月〜2ヶ月ごとに身長、体重、手の長さを計測しましょう。

 

また、グリップエンドを胸の中心にあてて腕を前に伸ばした時に、
バットのヘッドが指の付け根に届くぐらいの長さがその人に合った長さです。
もちろん、素振りをしてみて不自然であれば、その前後の長さで調整しましょう。

 

身長別のバットの長さの目安表

小 学

身 長 バットの長さ

1〜2年生

110p〜120p

64p〜68p

2〜3年生

135p〜145p

70p〜74p

3〜4年生

135p〜145p

75p〜76p

4〜5年生

140p〜155p

78p〜80p

    年生

155p〜160p

80p〜81p

 

バットのバランス(重心)の問題!

 

バットの重心の事をバランスと言います、重心には3種類あり
バットの先端に重心があるバットをトップバランス、真ん中にある
ミドルバランス、手元にあるカウンターバランスと言います。

 

バットの芯と違いますので勘違いしないでください、あくまでも重心です
つまり、バットの重さを感じる位置の事です。

 

バットバランスの位置と特徴

 

▼トップバランス
バットの先端にバランス(重心)があり、バット先端の重さを感じ、
ヘッド効いたスイングが出来、遠心力を利用して遠くへ飛ばす
長距離バッターに向いています。

 

重心もバットの先端にあり、バットの重さも重めの商品が多く
パワーヒッターでないと使いこなせません

 

▼ミドルバランス
バットの左右の真ん中にバランス(重心)を設定してあるために、同じ重量の
トップバランスのバットより軽く感じ、バットを振り易くコントロールし易いため
中距離バッターに適しています。

 

ミドルバランスを選ぶ選手が多く、必然的にこのバランスのバットが
多くなっています。

 

▼カウンターバランス
手元近くに重心があるため、この3種類のバランスの中で一番軽く感じる
バランスのバットです、流し打ちやインサイドの球にバットが出しやすくなるので
単打うちの打者向きですが、芯に当てにくいバットですので技術が求められます。

 

バットが軽いと重心が分かりづらくフォームがバラケル原因になりますので、
初心者には難しいバットです。

 

バットの重さを感じる!

 

重さはについては、素振りをしてみてちょっと重いかなと感じる位のバットで
波を打たないでスイング出来る重さが丁度良いバットと言えます。
あまり軽いバットは当たっても飛びませんの注意してください。

 

小学生の内は身体の成長が早いので、振れるギリギリの重さの
バットを買ってください!

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 最新記事 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!