前傾姿勢で足幅を広めにスタートダッシュ!

前傾姿勢で足幅を広めにスタートダッシュ!

 

内野安打はでも、ヒットであることには変わりがありません、
ボテボテのゴロでも、足が速ければヒットにでき、相手に取っては
脅威になります。

 

 

塁間は短いためトップスピードになるころには、ベースの着いてしまいます。
そこで、打った後のスタートがポイントになります、バットを離すと同時に
前傾姿勢を取りスタートの1歩、2歩、3歩までは足幅を広めに取リ
スタートダッシュする。

 

 


前傾姿勢で足幅を広めにスタートダッシュ!

 

スピードに乗るまで、前傾姿勢を保ち下半身全体の筋肉を使い足を
前傾姿勢のまま斜め後ろに強く蹴り出して、その反力で
スタートするイメージです。

 

 

足幅はスタート3歩目ぐらいまでは広くとり、加速とともに足幅を
狭くしていき、そのまま、一塁に向かって真っすぐ走りぬけます。

 

 

 

 

前傾姿勢から通常のランニング姿勢になったら、一塁までラインの横を
走るイメージで走り抜けましょう、ラインの内側を走ると守備妨害のなる
危険性がありますので、必ずラインの外側を走ってください。

 

 

一塁ベースを走り抜ける時はラインの右側、つまりファウルグランドに
駆け抜けましょう。一塁ベースに戻るときもラインの内側に入らないように
注しましょう、フェアーグラウンド内にいるとタッチされたらアウトになります。

 

 

駆け抜けた後はファウルグランド内を通って一塁ベースに
戻りましょう。

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 日本野球の誕生日は? 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!