バットの正しい握り方!

バットの握り方は“手の平”か“指”か!

 

 

手のひらで握るパームグリップになります。
手の平のほうがバットをしっかり握ることが出来るからです。

 

 

手のひらでグリップをしっかりと握るので、手首が固定され、
インパクトの時、ボールを押し込むような打ち方になるので
ボールが飛ぶようになる。

 

 

この握り方がパームグリップと言う握り方です。
デメリットは手首が固定されやすくバットコントロールが難しくなる。
ホームランバッター、パワーヒッター向きと言われています。

 

 

 

 

指に力を入れず小指と薬指で軽く握ると手首の力が抜け、手首を
自由に柔軟に使う事が出来、バットコントロールが容易にしやすくなり、
多彩な変化球にも対応できるようになります。

 

 

この握り方をフィンガーグリップと言います、
この握り方は、ボールをミートしやすいため多くの選手がこの握り方を
採用しているため、アベレージヒッター向きと言われています。
今はこの握り方が主流です。

 

 

 

 

前がパームグリップで後ろがフィンガーグリップと言う選手もいます。
パームグリップのボールを押し込む力とフィンガーグリップのミートしやすい
コントロール性をバランスよく併せた握り方です。

 

 

上記の握り方を自分で色々試してみて、自分に一番合った握り方を見つけ、
バットを最後までスムーズにスイング出来る握り方を見つけてください。

握る位置が変わればスイングも変わる。

 

 

バットを長く握るか、短く握るかによってバットコントロールや
スイングスピードが変わってくる、バットを長く握ればスイングスピードは
速くなり、短く握ればカラダに近くなりコントロールしやすくなる、

 

 

多くのバッターはツーストライクと追い込まれるまでは、
バットを長く握り、追い込まれたら短く握るのです。

 

 

長短の差は人によってそれぞれ違いますが、当然、体格の違いによって
バットの長さ、重さも違います、大切なのは長く握った時に力強い
スイングが出来るか!短く握った時にバットコントロール出来るか!である。

 

 

それには、バットが自分に合っている長さであり、重さであるかどうかが
重要である。もしバットが重すぎれば水平に振れず波を打ってしまいます。
また、バットが長すぎれば短く握ってもバットをコントロール出来ません。

 

 

つまり自分のカラダに合った長さ、重さのバットを探して、長く握って
カラダがブレナイしっかり振れるバットを見つけましょう。

 

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 最新記事 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!