重心を左足の外側において走る、ベースランニング!

重心を左足の外側において走る、ベースランニング!

 

 

普通の選手は塁を回った後、大きく膨らんでしまう、
さらに塁を回るときスピードが落ちてしまうのが
並みの選手のベースランニングです。

 

 

しかし、うまい選手は塁を回った後に大きく膨らまない。
しかも、ベースランニングがうまい選手はベースを踏むときに
加速しているように見えると言います。

 

重心を左足の外側において走る、ベースランニング!

つまり、塁を回るときに減速することなく、
直線のスピードと変わらず、逆に加速しているように見える。
この、違いはなぜなのか?

 

 

減速しないでべースを回れる、走り方をするには、
カラダの重心を左足の外側に置くことが大事になり、できるだけ
カラダを斜めに倒してベースを左足で踏み走りぬける。
この傾斜はスピードが出ていないと出来ません。

打球を確認してから駆け抜けるか、二塁を狙うか判断!

 

 

打球によって、一塁への走り方が変わる、内野ゴロなどの場合は
スリーフットレーン内を走ること。フェアグラウンド内を走ると、
野手の送球が当たると守備妨害でアウトになってしまいます。

 

 

 

一塁を駆け抜けた後フェアグラウンド内にいると、タッチされたら
アウトになりますので、必ずファウルグランへ駆け抜けること。
一塁ベースに戻るときも、必ずファウルグランドからべースに戻る。

 

 

 

 

打球が外野に飛んだ場合は、打球を目で追い確認して二塁打になるか
判断し、二塁打になりそうなときは膨らむように走り、勢いをつけてから
一塁ベースの内側を踏んで一気に二塁を目指す。

 

 

ランナーにとって常に次の塁を目指すことは大事なことですが
試合は常に動いていますので、試合状況を把握し、次の塁に進むか、
次のバッターや、点差、相手守備の優劣などを頭に入れて行動する。

 

 

野球は常に状況が変わりますので、相手の守備陣形やピッチャーの状態
などなど、常に最善の策は何なのか考える習慣を身につけましょう。

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 最新記事 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!