軟式ボールの開発で一気にブームになった!

日本の野球は軟式ボールの開発でブームになった!

 

 

野球のボールは3種類のボールがあります。
・硬式ボール・軟式ボール・準硬式ボールの3種類に分かれています。
その3種類のボールの特徴を説明いたします。

 

 

特に、軟式ボールが1919年(大正8年)開発されて以来一気に
日本全国に野球ブームが起こった、軟式ボールは青少年に、
より安全なボールとしてゴムで造り、中を空洞にした
画期的な野球専用のボールである。

 

 

硬式ボール

 

ボールのなかに芯があり、その芯を糸で周りをグルグルに
巻いていき,それを牛皮で包んだのが硬式ボールです。

 

 

リトルリーグ、高校野球、大学野球、社会人野球、
プロ野球、アメリカのメジャーリーグなどで使用されている。
世界共通のボールです。

 

 

言わば、世界で共通の公認されている野球の硬式ボールです。
この硬式ボールの特徴は、バウンドは少ないのですが
ジャストミートした時は、驚くほど、気持ち良く飛んでくれます。

 

 

ジャストミートとは逆に芯を外して打った時は手がシビレル程の
衝撃があり特に寒い時に芯を外すと、電撃が走ります。

 

 

軟式ボール

 

この軟式ボールは1919年(大正8年)神戸市にあった東神ゴムと
言う会社が、手軽で尚且つ安全に野球を楽しむことが出来るように
軟式野球ボールを世界で初めて製作販売しました。

 

 

軟式ボールが開発されたのをきっかけに一気に野球が全国に広がり
1920年(大正9年)神戸で大日本少年野球協会が発足し
少年野球の本格的な全国大会まで開かれるようになりました。

 

 

この軟式ボールはゴムで出来たボールで、中は空洞になっています。
反発力は硬式ボールよりあるが、ジャストミートしても硬球のように飛びません。
このボールには、A号、B号、C号、D号とあり、A号が一般人向け様で
B 号が中学生でC号、D 号が小学生となっています。
(反発力はA号から順に低くなる)

 

 

準硬式ボール

 

この準硬式ボールは、軟式ボールと硬式ボールを組み合わせた
ようなボールです、中身は芯に糸を巻き付けコルクの粉末と樹脂を
適度に混ぜ合わせ、表面は軟式ボールと同じゴムで出来ています。

 

 

通称H号と呼ばれています、表面の見た目は軟式ボールと
同じですので見分けがつきませんが、中身は硬式と同じ
作りですので、飛距離は硬式球と同じように飛びます。

 

 

ただ、認知度が低く、競技者は決して多くありません。
また、準硬式球を使用した大会が少なく、チームも軟式、
硬式よりも圧倒的に少ないようです。
大学、中学生の一部の人達に限られています。

 

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 最新記事 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!