ピッチャーの投球にタイミングを合わせる方法は十人十色です!

ピッチャーのタイミングに合わせる方法は十人十色!

 

バッティングはピッチャーにタイミングを合わせ、
ミートポイントでジャストミートして初めてヒットになる、
つまり、バッターは受け身で主導権はピッチャーにある。

 

 

ピッチャーがリリース後バッターのミートポイントまで17mと
した場合ボールのスピードが時速130kmの場合ミートポイン
トまでボールが到達する時間は0.47秒です、時速140kmの
場合は0.44秒です。

 

 

時速130km場合と140kmの時間差0.3秒の差は距離に
すると1mになります、130kmの場合と同じタイミングで
140kmのスピードボールを打ちに行ってもタイミングが合いません!

 

 

ピッチャーのタイミングに合わせる方法は十人十色です。

 

 

つまり、ピッチャーの投げる球は、投球ごとにスピードも変化もコースも
違いますの、いつも同じように振りに行ってもジャストミート出来ません。
そこで、ピッチャーにタイミングを合わせるのです。

 

 

ピッチャーの投球にタイミングを合わせる方法は十人十色ですが
バッターボックスで構えた時点で前足やグリップを小刻みに動かして
タイミングを計り、テイクバックと後足に体重移動する準備をしていきます。

 

 

そして、ピッチャーが足を上げると同時にバッターも前足を上げて
(前足の動かし方は自分に合う方法で例えば、足を軽く上げる、すり足など)
テイクバック、ピッチャーがリリースした瞬間にバッターもトップをつくります。

 

 

素早く球筋やコースを読みとり、振るか、待つかを判断し打ちに行く場合は
コースに対応したスイングをする。

 

タイミングを合わせるポイント

ピッチャーにタイミングを合わせる方法!!

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 最新記事 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!