少年野球・高校野球は金属バット使用!

少年野球・高校野球は金属バット使用!

 

 

木製バットが高価で、耐久性が良くないため高校野球や少年野球など、
アマチュア野球では金属バットが使用されています。
各野球大会では木製バットも用意しておくように義務付けられています。

 

雷の季節では金属バットでは落雷の危険があるため、落雷の危険な状態に
なったら木製のバットに切り替えるためです。

 

高校野球ではほとんどが金属バットです、木製バットより
飛距離が出るのと、折れにくく、丈夫で長持ち、しかも経済的のため、
広く利用されている。

 

プロ野球はでは木製バットより飛距離が出過ぎるのと打球のスピードが
強烈のため安全性に問題が生じるため全面的に禁止されています。
社会人野球も2005年以降は使用禁止になっています。

 

金属バットの使用についての注意事項

 

金属バットで打った時に出る金属音でキャッチャーが難聴になる原因となると言われている
ため金属音を抑えた金属バットが採用されていますので購入時には注意してください。

 

軟式金属バット

 

軟式野球用バットです、軟式ではボールがゴム出できているため、柔らかく
バットも硬球用ほど固くない金属でできています。

 

少年野球は木製バットよりも折れにくく、飛距離が出やすく木製バットより、
安価で経済的であるため使用されています。

 

価格はピンキリですが、¥3000円前後の価格で販売しており
木製より、はるかに安く経済的です!!

 

ジュラルミン硬式素材バット

 

硬式素材が入っているので硬くて重いバットです。
ジュラルミンとは、アルミ二ウムと銅、マグネシウムなどによる
アルミニウム合金一種で、硬い金属です。

 

素材が固いので、インパクトの時間が長く、飛距離が出るようになっています。
硬い金属ですので、アルミ合金製のバットより重くなってしまいますが
飛距離を出したい人には、ジュラルミン製バットはお勧めです。

 

アルミ合金製バット

 

アルミ合金バットは、軽いため初心者でも扱いやすく、スイングスピードが
速くミートしやすいバットです、重量が軽く、柔らかいのが特徴ですので
インパクト時間が一定なので飛距離はあまり期待しない方が良いでしょう。

木製・金属以外の材質のバット!

カーボンバット

 

強度と軽さを持っている炭素繊維強化プラスチックと言う材料のため、
いろんなスポーツで利用されている素材です。

 

硬めの材質なのでシナリは、ほとんどないのですが、軽めに当たった時の
感触が良く、バットコントロールがしやすいのですが、表面が剥がれやすい
と言う欠点もあり、打球音もドスンと言うような独特な柔らかい打球音です。

 

今はカーボン+グラス+ウレタン製の組み合わせの複合バットが
メインになっていますが、この複合バット野球大会によっては使用禁止の
大会もあるようなので、使用には注意が必要です。

 

ビヨンドマックスバット

 

このバットの特長は、柔らかいも同士がぶつかり合えば、変形も少ないと言う
理論の元に作成されたバットです、ゴムのような感じの柔らかい素材です。

 

軟式ボールはゴムで中が空洞になっているため、バットに当たると
ボールが潰れてしまい、遠くに飛ばすのが難しいのです。

 

ビヨンドマックスは反発力を生かして、より飛距離が出やすい仕組みに
なっていますが普通のバットより重いので初心者には難しいバットです。
このバットも大会によっては使用禁止になりますので注意してください。

 

H-Zone(ロ-リングス)バット

 

飛ぶバットと言われている[H-Zone]はボールの下を叩き芯を外しても
打球が必要以上に高く上がらないように打球が当たる部分に
エラストマー(軟質樹脂)を使用、ここにボールが当たるとエストラーマが

 

変形して壁を作り、前方に打ち返すことが出来るバット。
ポップフライが高い弾道のライナーになりやすいバットです。

 

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 最新記事 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!