バッティングセンターでボールのスピード感を体験しよう!

バッティングセンターのスピード感を体験しよう!

 

 

 

子供の頃バッティングセンターで毎日練習したと言う、
プロ野球選手は沢山の選手がいますが、なかでも
有名なのがイチロー選手です。

 

 

お父さんと毎日バッティングセンターに通って練習した
そうです。小学5年生110キロ、6年生で120キロ
を打てるようになり、中学生になっても通い続けて、

 

 

130キロを克服したそうですが、イチロー選手の
練習の凄いところは、ボール球打たなかったことです。

 

 

一緒に通って指導していたお父さんが「ボールの球は絶対打つな!」
「ストライクだけ打て」と厳しく指導したそうです。
この、ボール球を見逃すことで、選球眼が磨かれたと言われています。

 

自分のフォーム、形が出来てから通いましょう。

 

 

バッティングセンターに通うには、ティバッティングや
素振りで自分のフォームがある程度、納得できるフォーム、
スイングが出来るようになってから行きましょう。

 

 

フォームが固まってからにしないと、ただ当てることに
夢中になり、間違ったフォームで当たっても練習に
なりません、正しいフォームで芯に当てることが目的
ですので、間違わない様に注意しましょう。

 

 

バッティングセンターでは70キロ〜150キロくらいまでが普通ですが、
最初は70キロくらいから、確実に打てるスピードから始めましょう。
あくまでも、自分の形、フォームを崩さず正確に芯で当てることを優先する。

 

 

ボール球は打たない事も大事な練習です、ボールを振らず見逃すことで
選球眼の練習にもなり、バッティングが飛躍的に向上します。

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 日本野球の誕生日は? 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!