バッティングの本質はスイングにある!

バッティングの本質はスイングにあり!スイングの軌道!

 

 

スイングスピードを上げることは全ての野球選手が望むことであり
打球を遠くに飛ばすためには、必要不可欠である。

 

 

バットの握り方、バッターボックスで構え方、バッティングフォーム等々
技術的な理論も、いかにヒットが打てるか?、いかに遠くに飛ばせるか?
全て、スイングスピードを加速させるための技術論であり、動作の説明である。

 

 

最初からヘッドが前に出てくるとヘッドは加速しない、バットのヘッドは
後ろに残しながらスイングしないとヘッドスピードは上がらない。

 

 

グリップエンドがおヘソの前を通るように、バットを振り下ろし、
ヘッドを後ろに残しながら回し、ミートポイントでヘッドスピードが最速になり、
フォロースルーで自然と手首が返る。

構えからトップをの位置が決まったら、試合前にチエック!

 

バッティングの形は、自分に合う形を自分で探すしか、ありませんが
いろんな人の形を参考にしながら、自分に合う形を探しましょう。
プロでも毎年少しづつ変えていると言うより、変わっているそうです。

 

 

構えからトップまで、自分の形が出来たら練習後、試合前には必ず繰り返し
チエックすることを心掛けましょう。

 

チエックポイント

 

 

トップの位置がずれて、浅くなっていないか?

 

試合や練習を毎日つづけていると、少しづつトップの位置が下がっていたり、
逆に深く引きすぎたりと、気付かないうちにくるってきます。
自分の決めたトップの位置に構えが出来ているか必ずチエックしましょう。

 

 

前の左腕が伸びて構えていないか?

 

特に野球を始めたばかりの初心者の方が、陥りやすいことですが!
トップを意識しすぎて左腕が伸びきってしまい、構えがガチガチに硬くなって、
腕が窮屈なり柔軟にバットコントロールできなくなってしまうこと。

 

構えは常に力をぬいて楽に構えられるように、練習の時から気をつけましょう。
構えの時に両腕と胸で作る三角形をグズサナイようにに必ずチエックしましょう。

 

 

インパクト時に打球に押し負けていないか?

 

打球を押込められず、押し負けているの人は、バットの握りや手首の角度が
間違っている可能性があり!インパクト時にしっかり押込められるように
握りと手首の角度を確認しましょう。

 

 

バットのグリップの位置はズレていないか?

 

グリップの位置がシックリこないとトップの位置も、振りだした
バットの軌道などが全てが狂ってしまいます。

 

グリップの位置から手首の角度など一連の動作は何度も繰り返し
カラダに覚えさせるよう練習をしましょう。

 

 

体重移動はスムーズにできているか?

 

テイクバックで後ろ足(右足)に体重移動が出来ているか、股関節で
体重を感じているか!左足でのタイミング上手く取れているか!
スイングがボールを迎えに行くようなスイングなっていないか?

 

バッティングはバットの握り体重移動、スイングなどどこか一つでも
狂ってしまうとすべてが狂ってしまいます、日々の練習で常に
チエックを忘れないように気をつけましょう。

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 日本野球の誕生日は? 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!