木製バットはとってもデリケートです!

木製バットの種類!

 

 

木製バットは雨にぬれたり、湿度の変化、気象条件に非常に敏感に
反応します、湿度が高い所に置くと重くなったり、変形したりと、
繊細な選手ですと、それだけで調子を崩すことなりますのでバットの
管理に神経質なります。

 

 

高校生からプロになる選手は、バット管理の勉強がプロのスタートと
言われている位、神経を使っています、一流のプロは試合前に複数の
バットを用意して、その日の気象条件に遭ったバットを使用する
そうです。

 

 

木製バットの良さは、バットの芯でとらえた時の快感は何とも言えない
金属バットではとても感じえない快感ですね!
そのためには日々の練習でバッテイング技術を磨かないといけませんが!

 

 

 

アオダモ

 


日本のプロ野球、社会人野球、大学野球で最も多く使用されている材質です、
アオダモは山地に自生している15m位の高さに成長する樹木です。

 

▼特徴
シナリ易く弾きやすい木材の性質のため、速い打球が出やすく
多くのプロ野球選手が好んでアオダモを使用しています。
価格は1万円〜2万5千円と少し高くなっています。

 

メイプル

 


「メイプル」はバットの中で一番硬い材質です、弾みやすく、
メジャーリーガーに愛用されています。

 

バリー・ボンズが好んで使用し、年間73本塁打のメジャー新記録をマークした
バットが「メイプル」のバットです。

 

金属バットに近い。パワーのない人でも遠くに飛ばすことが出来る素材です。
価格は1万円〜2万円くらいです。

 

▼特徴
・硬い材質・アメリカ産やカナダ産は品質が良い・中国産は品質が良くない。

 

ホワイトアッシュ

 


アメリカやカナダなどの乾燥地域に適している材質であり、
MLB等で多く使用されている、材質はアオダモより硬く反発力がある。
柔らかさはアオダモとメイプルの中間位です、価格は¥7千円〜1万円程度です。

 

▼特徴
・アメリカ、カナダなどの乾燥地域に最適・反発力が強く、耐久性がある。

 

竹バット

 


アマチュアなどの練習用に使用されるバットです。
芯を外すとてがしびれてしまうほど、シナリなかなか折れず耐久性に
優れています、価格も6千円〜7千円で購入できます。

 

▼特徴
・しなる、丈夫・打っても、飛ばない・打った時てに手に響く。

 

※木製バットの使用について!


野球をやっている少年なら、みんな知っていると思いますが
木製バットは、メーカーのマークがある面と裏面は板目と言い、強度が弱く、
この面で打つと折れやすく、ヒビが入ったりしますので危険です。

 

メーカーのマークが入った面の両横の面を柾目(まさめ)言い強度が強いので
バットを構えた時にマークが顔の方に向き合うように構えると柾目の部分が
投手の方に向きますので、この状態で自分のスイングに合わせて
微調整してください。マークのある面で打つと折れやすいので気をつけましょう。

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 最新記事 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!