振りしはじめ!はダウンでも当たる時はレベルに!!

振りしはじめはダウンでも当たる時はレベルに!

 

 

トップから弧を描くように回しおろすイメージで
グリップエンドを振り出すと、追うようにヘッドも
弧を描くように遠回りしながら出てくる。

 

 

グリップエンドが弧を描くように振り下ろすことで、
ヘッドスピードも上がりタイミングも
合わせやすくなる。

 

 

振り始めはダウンも、当たる時はレベルに

 

 

 

「最短距離で振りぬきなさい」「上からボールを叩け]と
指導された人は多いと思います。

 

 

特に今の40代前後の人達はこの言葉を
呪文のように教えられた思います。

 

 

つまりダウンスイングの教えです、どうしてもダウンスイングが
直らない人は、ミートポイントでレベルスイングになるようにスイングを
修正してください。

 

 

つまり、トップから弧を描くように回しおろす動作を省略した、
上から最短距離で振り下ろすだけのダウンスイングになってもミート
ポイント、球に当たる時は水平に(レベルスイング)なっていれば良いのです。

 

 

バットの正しい振り出し方

 


バットのグリップエンドが弧を描きながらミートポイントに向かう。
最短距離でグリップエンドを出すのではなく回しながら出す。

 

後ろの右肘を折りたたんでバットを振り出し、
グリップエンドが自分のおヘソの前を通る

 

インパクト(ミート)の瞬間バットのヘッドが
遅れて出てくるイメージに振る。


元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 最新記事 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!