ピッチャーよりか!キャッチャーよりか!それとも真ん中か!

球筋をしっかり見られる位置はどこがベストか!?

 

 

 

キャッチャー寄りに立つ場合

 


キャッチャー寄りに立つ選手が多い、何故かと言いますと
ボ−ルを少しでも長く見たい、より見極める時間がほしいと
少しでも球速の落ちるポイントで打ちたいと、
思っているからである。

 

わずかな距離ではあるが非常に重要である。
変化球の場合はキャッチャーよりに立つほど変化が
大きくなるので逆に投手よりの方が対応しやすいと言えます。

 

 

 

 

 

ピッチャー寄りに立つ場合

 


キャッチャー寄りに立つのと逆に変化球に
対応しやすいと言えます。
カーブやシンカーな曲がりはじめをジャストミート出来る。
速球は、ピッチャーに近い分、より速く感じてしまう。

 

どちらも、それぞれ真逆のメリット、デメリットであるため、
相手投手の特徴を見極めて立ち位置を変える必要がある。
当然、前後の立ち位置にあわせて、左右の立ち位置も
大事である。

●左右の立ち位置は打撃フォームに合った位置に!

 

 

前後の立ち位置とは違い、自分の打撃フォームの形や苦手な
コースによって決めることが多い、オーブンスタンスで構える選手は
踏み込んで打てるようにベースから離れて構える。

 

 

また、アウトコースが苦手の選手はベースの近くに、逆にインコースが
苦手の選手はベースから離れて立ち、つまり自分の打撃スタイルに併せて
バッターボックスでの立ち位置を決めることがバッターが多い。

 

野球を始めて間もない初心者の方は慣れるまで、
キャッチャー寄りのセンターに立ちバッターボックスでの感覚を
覚えて、ピッチャーの投げる球に慣れるようにしましょう。

バッターボックスの基本的な立ち位置

べースに近い位置に立つ

 左右のセンターに立つ 

  ベースから離れる

アウトコースに届きやすく、

ベースに近くなるため、

投手がインコースに投げにくく

バッターにぶつけたくないと

精神的圧迫を受ける。

アウトコース、インコース、

どちらにも対応できる。

身長、体格によって変わって

きますが、外角いっぱいに

く位置に足場を決める。

インコースが苦手な人が、

詰まらないように離れて立つ

離れた分アウトコースが届き

くいため、アウトコースは

ベース寄りに踏み込んでつ

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 日本野球の誕生日は? 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!