グリップの位置が変わればスイングも変わる!

グリップの位置が変わればスイングも変わる!

 

 

構えた時のグリップの位置は、考え方によって変わってきます。
振り遅れないようにトップまでの時間を出来るだけ短くしたい人は
グリップの位置が高い、トップの位置で構えている人も少なくない。

 

 

特に最近はスピードもそうですが、変化球も多彩になり、出来るだけ
手元まで球を引き付けて、素早く打たないとスピードや変化に間に合いません、
そのため最初からトップの位置に構え、そのまま打ちに行く打者が増えています。

 

 

トップの位置に構えている場合は、動作が少ないためカラダがぶれにくく
振り遅れが少ないことがメリットです、欠点は上半身、特に肩周辺に力が
入り、力み易いことです。

 

 

方や、リラックスした構えからトップを作る人はグリップの位置が
胸の位置で構える、つまりグリップが低く、腕が下がっているため
上半身に力みはないのですが、トップまで時間がかかるのでカラダがブレやすい。

 

 

つまり、スイングスピードが速くないと今の高速ストレートや多彩な変化球に
ついて行けない欠点があります。いずれにしてもトップにスムーズに入ることが
大切なので、自分に合った位置を見つけてください。

構えからトップまでのグリップの位置!

グリップが低い位置のトップ

 

 

スタンスを広くとってバットを肩に担ぐようにやや寝かせて、
低いグリップ位置で構える。

 

 

トップの位置でもグリップの高さは最初構えからほとんど変わっていない。
バットヘッドの位置が常に一定に保たれているので、スイング軌道も安定する。

 

 

グリップの位置が中間場合

 

 

肩の高さ近辺にグリップがある、一番多くの人が構える位置であり、
オーソドックスな構えであります。

 

 

グリップの位置が少し上がりトップの位置を作る、構えから目線が一定に
保たれている。前足のステップと同時にグリップが少しずつ下がり
振り出し動作に入りスイングする。

 

 

グリップの位置が高い場合

 

 

グリップが顔の横にあるので比較的に高いグリップの位置で構える。
グリップの位置はほとんど変わらず、グリップエンドが
キャッチャー方向に向き、同時に左足を上げトップに入る。

 

 

構えた時に狭めのスタンスのため振り出し時には
大きく左足ステップさせスイングする。

元近鉄のいてまえ打線!の選手会長が教える、バッティング指導方法!

今現在も、多くの少年達を指導している村上氏が お父さん、お母さん、息子さんに送る。
「お父さんでも一流の打撃コーチになれる指導方法!!」 野球経験のないお父さんにも、分かり易く村上氏の多くの 指導体験を基に経験を生かしたDVDになっています。
公式サイトはこちらから

 


 
トップページ 日本野球の誕生日は? 体幹トレーニングの重要性 ボールの見方・見極め方!